将棋ウォーズ・指導対局使用手順
指導対局とは、将棋ウォーズスーパープレミアム会員が、月1回希望する手合いで、プロ棋士・女流棋士などの指導棋士と対局を行うことができるモードです。

※指導対局は将棋ウォーズのバージョン5.0.0以降で使用できます。バージョンが古い方はGooglePlay / AppStore / Amazon Appstoreから更新してください。

  • *指導対局の始め方
    指導棋士が対局待ちの場合は、「指導対局受付中」が表示されます。
    1.「指導」を選択します。
    2. 希望する手合いを選択し、対局開始ボタンを押します。
    3. マッチングに成功すると選択した手合いで対局が開始します。

    ※指導棋士の対局相手はランダムな抽選で選ばれます。
    ※既に指導棋士が対局受付を終了していた場合には、相手がみつからないと表示されます。

    手合いについては下記の通りです。

    手合い上手が落とす駒
    平手なし
    角落ち
    飛落ち
    二枚落ち飛と角
    四枚落ち飛と角と左右の香
    六枚落ち飛と角と左右の香・桂
    八枚落ち飛と角と左右の香・桂・銀
    ※指導棋士側が上手(駒を落とす側)になります
  • *いよいよ対局開始!
    指導棋士とのマッチングが成立すると棋士との対局が始まります。
    駒落ちの場合は必ず上手から指し始めます。
    指導対局中は上手下手ともに棋神は使用できません。

    ※40手未満で対局が終了した場合や、上手の接続切れで対局が終了した場合、無効対局となり指導対局の権利は消費されません。
    ※40手未満の無効対局が3回続いた場合は指導対局の権利が消費されます。
  • *対局終了後
    指導対局終了後はその1局の感想戦の代わりとして「グラフ解析」と「精密解析」が自動で実行されます。是非参考にしてください!
    対局終了後の「解析」ボタンから解析画面に移動します。移動しなくても後日解析結果はご覧いただけます。

    ※グラフ解析や精密解析が行えなかった場合、その分の解析券が自動で付与されます。
    ※指導対局の結果は、友達対局と同様に、戦績やコレクションやイベントには影響しません。
    一度指導対局を行うと、次に指導対局が可能になるのは1ヶ月後になります。
    指導対局が利用可能になるまでの日数はマイページからご確認いただけます。